スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国雲南農業大学農家民泊

中国の雲南農業大学の先生2名と学生さん5名が出水の農家民泊に来て下さいました。

農家さんが持っていた紙に、自分達の名前が書いてあったのを見て駆け寄ってきてくれた学生さん達。
その様子に、日本語を話せない外国の学生さん達を受け入れることを不安に思っていた農家さんも緊張がほぐれたようでした。
IMG_2123_1.jpg

夕方一緒に畑でとってきた大根の葉を使って、大根葉めしを作りました。
他にも農家のお母さんが、学生さんも覚えて帰れるような、簡単に作れる、日本の料理を一緒に作りながら教えていました。
IMG_2160_1.jpg

おいしい料理が並んだ食卓を囲んで、楽しい夕食の時間を過ごしました。
夕食後は、学生さんが持ってきてくれた雲南の美しい写真を見ながら、故郷の様子を教えてもらいました。
IMG_2163_1.jpg

民泊のお家の手作りの看板を持って、記念撮影をしました。
IMG_2146_1.jpg

離村式の時も和やかな雰囲気で、別れを惜しんでいました。
IMG_2181_1.jpg

学生さん達は、大学の研修で日本に来ていて、他の行程は学習が主だったので、出水で日本の家庭に泊まって交流する体験が含まれていたことは大変よかったようでした。

雲南農業大学の皆さん、機会があったらまた出水に来てくださいね!再見!


by.月



スポンサーサイト

鹿児島国際大学留学生農家民泊

鹿児島国際大学の中国人留学生6名が出水の農家民泊に来て下さいました。

まずは水俣病資料館で水俣病についての学習をしました。皆さん真剣に説明を聴いていました。
IMG_0963_1.jpg
国立水俣病情報センターで世界の水銀汚染についても学びました。
IMG_0964_1.jpg
学生さん達は、経済を優先して起こった水俣病のことを知り、自分の国で同じことが起こらないようにしたい、人の命や自然を大事にしたいという感想を持っていました。

その後、出水のクレインパークでツルについての説明を聴いてから、
ツルの飛来地に行き、監察員の方から望遠鏡を借りて、実際に観察していました。
ツルの姿はとても美しいということでした。
IMG_0985_1.jpg
その日は、野田地区の農家さん宅に民泊をして、夕食後、地域の青壮年会の集まりに参加して交流したり、星空観察をしたり、とても楽しい夜を過ごしたようです。

次の日は、農家さんと共に手作りコンニャク作りに挑戦しました。
コンニャク芋をすりおろしたり、灰汁と混ぜたり、手で丸めたりと初めてのことに悪戦苦闘しながら作っていました。
IMG_1401_1.jpg
かまどで火を焚き、ゆでて出来上がりました。初めてのさしみコンニャクの味はいかがだったでしょうか?
IMG_1427_1.jpg
皆で力を合わせて手作りすることは楽しく、良い体験になったようでした。

IMG_1004a_1.jpg
1泊2日の短い間でしたが、留学生の皆さんは、自然がたくさんある田舎の落ち着いた雰囲気や、
受け入れ家族や地域の人々と触れ合うことによって感じた温かさなど、
普段の学生生活では味わえない、日本の良い面を感じることができたようでした。

留学生の皆さん、農家のお父さんとお母さんや日本の田舎が懐かしくなったら、ぜひまた出水に来てくださいね!


by.月


奈良の修学旅行生が出水農家民泊体験

奈良県から高校生198名が農家民泊体験にいらっしゃいました。

入村式後、各農家さんとドキドキしながら対面しました。
h6.jpg

出水市はミカンで有名で、秋は収穫時期にあたるため、今回ミカン収穫の体験も多かったです。
農家さんの勧めで、生徒さん達は、その場で収穫したものを食べてみて、おいしいという感想でした。
h1.jpg

夕食作り体験で、農家さんからすし飯の作り方を習ったりしました。
h3.jpg

季節柄、稲の収穫体験も多く、生徒さん達が積極的に手伝ってくれて、
“いい生徒さん達だった”という農家さん達の感想が多くきかれました。

生徒さん達にとっても今回の民泊は良い体験だったということで、
離村式後も時間のある限り農家さん達との別れを惜しんでいました。

お別れの場面で、思わず涙ぐむ生徒さんもいました。
h5.jpg

奈良の高校生の皆さん、また農家さん達に会いに出水に来てくださいね!
皆さん待ってますよ~。


by 月



女子大生が出水民泊!

IMG_0475_convert_20110908163403.jpg

いつもお読みいただきありがとうございます。
四国・近畿など多くの被害をもたらした台風12号で被害にあわれた皆様には心からお見舞申し上げます。
9月1日(木)~9月3日(土)、2泊3日で鹿児島純心女子大学の学生さんに、大学のゼミ「地域貢献活動」の一環として、出水で田舎民泊体験していただきました。学生さん10名と先生2名が参加しました。台風12号が近づいていましたので、天候が心配されましたが、無事に終了することが出来ました。3日間、海苔生産者・酪農農家・養豚経営者・お茶農家さんや農林水産省村づくり部門で「天皇杯」を受賞した地域の取組みなど、現地で聞いて・見て・触れて、ミッチリと勉強をしました。夜は農家さんと夕食を作り、一緒に食卓を囲みながら交流を深めることができ、日常の食生活の中で、いろんなことを知らないで食べていることを実感し、現実を知ることで消費者としてどうあるべきか考えさせられたようでした。
ちなみに1頭の牛さんより取れる牛乳はどれぐらいか知っていますか?
それではまた・・・。

シンガポール誘致活動

シンガポールに誘致活動に行ってきました。
シンガポールの旅行社や学校をまわって、出水の農家民泊の紹介をして、
来ていただけるようにお誘いします。

s営業3
こちらの旅行社さんでは、興味を持って熱心にお話をきいていただけました。
子供達に日本文化体験をさせたいので連れて行くことができればいいとのことでした。

s営業2
こちらの旅行社さんには、農家さんも一緒に営業に出かけていただきました。
そして農家さんが実際受け入れてみた感想等を述べていただきました。
旅行社さん側には受入側の思いも十分伝わり、大変印象が良く、
出水の農家民泊に対する思いも伝わったと思います。

旅行社は皆さん出水の農家民泊に興味を示してくださいます。
中には、ぜひ出水で民泊体験をさせたいと言って下さるところもあります。
そういう方々にぜひ実際に出水に来ていただいて、その良さを体験してもらい、
シンガポールから実際に生徒さん達や旅行者を連れてきていただきたらと思います。

今回の誘致活動は、本当に様々なご縁に支えられているなと感じることが多かったです。
このご縁がもっともっとつながっていきますように!


by.月

プロフィール

MKP出水事務所

Author:MKP出水事務所
ようこそおこしくださいました。
鹿児島県出水市の旬な話題やすてきスポットの紹介をお届けしております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。